体重減少とストレスの関係

FX015_L

体重減少の要因としては、様々な可能性が挙げられます。

特段ダイエットをしているわけではないのに、

体重が減るならまずは原因を見つけることです。

最近の人は、溜まったストレスが原因になって病気になってしまうことがあります。

急に身辺環境が変わったり、職場で行き詰まったりなどで、

ストレスが積み重なることがあります。

 

交感神経の働きは、ストレスを受けつづけることで強くなりすぎてしまいます。

交感神経の働きが強くなると、副交感神経の動きが弱くなります。

副交感神経は胃の消化を促す働きがあるため、弱まると食欲が低下します。

精神的な要因で消化力が下がると体重減少だけでなく、

それ以外のデメリットも起きます。

ひどい場合には消化不良による下痢のほか、

胃炎胃潰瘍などの病気の原因になってしまう可能性もあります。

FX015_L

ストレスが要因かも!?

特に思い当たる節もないのに体重減少が起きたという場合は、

ストレスなどで精神面に悪影響が出ていないかを考察してみることです。

過剰なストレスにさらされていながら、そのことに気づいていない人もいます。

人によっては、目の当たりにしている問題が大きすぎて、

ストレスを認識できていない人もいます。

 

疲労が蓄積されすぎて、自分の体調を自分で把握するような余裕を

持っていないという可能性もあるでしょう。

家事や職場環境のことばかり見ていて、自分のことがおろそかになる人もいます。

体重が不自然に減少していると感じたら、まずはストレスを抱えていないか考え、

早めに原因を突き止めて、生活の改善や見直しをするようにしましょう。

無理なくダイエットしたいときは、コンブチャクレンズが人気があります。