食事で体脂肪を減らして減量するためには!

ダイエット

食事から取り入れるカロリーを減らすことで、体脂肪の減量効果が期待できます。

けれども、カロリーをいきなり制限すると体は脂肪を温存しようとしますので、体脂肪の減量がしづらくなってしまいます。

カロリー摂取量を控えすぎると、まず筋肉が少なくなることで人の体は体重を減らします。

しかし、筋肉が減ると代謝が減ってしまいますので、減量のためには筋肉を減らさない工夫が必要になります。

一日の基準量の80%くらいの食事をして減量をはかることが、体への負担を少なくしながら体脂肪を減らしていけるでしょう。

健康的に体脂肪を落とし減量をすることができます。

ダイエット

体脂肪と食事の関係

男性の場合1840キロカロリー、女性の場合は1440キロカロリーが摂取量の目安です。

一日3回の規則正しい食事をすることが、体脂肪の減量には必要になります。

栄養の偏りがないようにしながらカロリー制限をした食事をすることがポイントです。

特定の栄養素や食材を避けることでの食事制限は、健康を害する恐れがあります。

体が必要としている栄養素のバランスを考えながら、カロリーコントロールをしましょう。

一日のうち、いつ、どのくらいの食事をするかも大事です。

晩ごはんの時間が遅くなりすぎたり、量が多過ぎるとてきめんに体脂肪になってしまいますので、注意をすることが大事です。

毎日の食事の工夫で体脂肪を落として減量することは可能なのです。